代理店型と比べると料金が大幅に安い

ネット型自動車保険の最大のメリットいえば、代理店型のものと比較すると料金が大幅に安くなるという事でしょう。代理店型の同じ保障の自動車保険の料金と比較すると倍近く変わることもあるほどです。代理店型の自動車保険の場合、自分の自動車保険を紹介してくれた販売店などに報酬を支払う必要があることなどから保険料に上乗せされるお金が発生します。しかしネット型保険は保険会社との直接取引となるため仲介料がかかりません。他にもさまざまな理由で代理店型よりも大幅に安い料金を実現しているのです。

質の高いサービスを受けることができる

ネット型自動車保険に加入していることを躊躇している人に理由を聞くと、事故を起こした場合の対応が悪いからと答える人が大多数です。しかしこれは大きな間違いでむしろネット型自動車保険の方が満足できる顧客対応をしてもらえることが多いです。ネット型自動車保険の場合、事故を起こして連絡すると電話での対応となります。応対するオペレーターはいずれも厳しい試験に合格した人たちばかりなので、安定して質の良い接客を受けることができるのです。

自分で見積もりや保証を決めなければいけない

ネット型自動車保険にはこれ以外にも様々なメリットがあるのですが、唯一といってよいデメリットが補償内容や料金の見積もりを全て自分でおこなわなければいけない、というものです。代理店型の場合は営業マンの話を聞いて加入するだけなのですが、ネット型自動車保険の場合はまずどのような保険をかけるか決めなければいけません。ほとんどのネット型自動車保険のサイトには料金シミュレーションがあるので上手く活用しましょう。

自動車保険の自由化が進んだことにより、補償内容が同じでも、保険会社によって保険料は大きく変わるようになりました。加入の際は、比較検討をするようにしましょう。