個人型確定拠出年金(イデコ)とは

個人型確定拠出年金とは、一定の掛金を加入者が拠出・運用し、その運用結果によって、将来の年金額が決まるタイプの年金制度をいいます。加入対象者は60歳未満の、自営業者等、厚生年金保険の被保険者、専業主婦等です。掛金の年間拠出限度額は、自営業者等は国民年金基金の掛金と合算して81.6万円、厚生年金の被保険者のうち個人型確定拠出年金のみの場合は27.6万円、公務員等は14.4万円、専業主婦等は27.6万円となっています。通算の加入期間が10年以上ある人は、60歳以降、老齢給付を受給することができます。

個人型確定拠出年金のメリットは?

個人型確定拠出年金のメリットは、老後の資金の積立をして備えるという面だけではありません。拠出した掛金は課税所得を計算するときに、所得から控除することができます。年間で20万円拠出して、所得税率が20%の人の場合、4万円分税金がかからないことになります。専業主婦で所得がない場合には、所得控除のメリットはないかもしれませんが、運用中に発生する収益(利息、収益分配金、売却益)について非課税となりますし、自分の老後資金を運用して積立ることができます。

確定個人年金との違いは?

確定個人年金とは、個人が老後に備えて一定額を積立て保険会社が運用を行い将来決まった給付額を受取ることのできる年金です。個人年金は生命保険料控除で一定金額まで控除を受けることができます。どちらも老後の資金に備えるという意味では同じです。個人型確定拠出年金は自分で運用を行うので運用次第で受取額が増減する可能性はありますが、税制上は個人年金より優遇されているというメリットはあります。将来に備えて自分が安心できるより良い方法を選択できるといいですね。

通常、金融商品の運用で得た利益には、約20%の税金がかかりますが、個人型確定拠出年金の場合は、運用中の利益に税金はかかりません。