売掛債権を譲渡するのがファクタリングの一般的な手段

中小企業の経営者は、常に資金繰りに追われているイメージがあると言ったら言い過ぎでしょうか?最近大人気のテレビドラマ「下町ロケット」は、そんなことを連想させるようなドラマです。資金繰りがたいへんになるのは、日本での商取引が商品の受け渡しやサービスの提供が先で、それに対する対価の支払いが後になるという、少々もどかしいシステムになってしまっているせいです。そこにタイムラグが生じているせいで、中小企業の経営者などは常にお金の収支のことが頭から離れません。商品を作るために材料を仕入れようとしても、肝心の現金が足りなかったりすりこともあるのです。

ファクタリングは即現金化も可能にしてくれる

そんな苦労のたえない経営者の強い味方となってくれているのがファクタリングという金融サービスなのです。ファクタリングを行っている会社は、中小企業などが抱えている売掛債権を譲り受けて、素早く現金化してその会社に振り込んで資金調達を手助けしてあげています。ただし、ファクタリングを行う会社もどんな売掛債権でも快く譲り受けてファクタリングするというわけではありません。その売掛金のもととなっているクライアントが大手の企業であったり、社会的に信用度の高い会社であることを重要視するわけです。中小企業の経営者にとっては、売掛金が大きく膨らんでしまって身動きがとれない状態になるのはたいへんなリスクではあるのですが、信頼できる大手の会社の売掛債権ならば、ファクタリングをうまく利用してそれほどうろたえる必要はないということです。ただし、安心するばかりでなく売掛債権の質となる相手企業の信頼度に関しては気を配っていたほうがいいということです。

ファクタリングは、手持ちの売掛債権などを期限前に現金に換えて事業資金にする手法です。専門の会社があり、売掛債権を割り引いて現金化してもらえます。